Tatoo artist ikumi の展示会に

scylt/ 9月 26, 2017/ よもやま/ 0 comments

以前、総合展示会にてscyltの「刺青刺繍」のシャツをきっかけに、お知り合いになった彫士:Dempatoo Ikumi 豊梵天 さんの個展に遊びに行きました。     IMG_20170922_220823

Tatooの世界と言えば、怖いお兄さま達のイメージがありますが、Ikumiさんは、なんと女性です。

若いうちから、刺青(和彫)の世界に飛び込み、彫師として自立・独立(Demapatoo tatoo studio 代表) している一人のアーティストであります。

ロックな生き様、かっこいい・・

ピカチューに和彫り!

IMG_20170922_220912

象の背中に春画

展示会場も、今最も人気・勢いのあるショップ・ストリートブランドの一つ DEUS(原宿)の地下。

このようなスペースにてDEUS presentという形での展示を出来ること自体が、彼女のクリエーションの確かさが認められている良い証拠。

サブカルチャーとしての在り方、見せ方、繋がりを感じさせる、そのバックグラウンドの重厚さにも、さすがだな~ とリスペクト。

IMG_20170922_221020

鳥獣戯画的な

IMG_20170922_220936

孫悟空?

彫師の世界は、まさにアーティストと同じ。

彫士それぞれのオリジナルのタッチ・構図・色があり、同じモチーフ(歴史上の人物や生物)を描いたとしても、その表現方法はまさに千差万別。

その中で、その人にしか描けない絵柄を求めて、お客さんは身体を預ける

どの彫師も、そのオリジナリティを習得する為に、何度も下絵を描き、実践を積みながら、オンリーワンを磨いたのだと思われます。

人体がキャンバスと言う、習作ややり直しの利かない彫師の作業は、想像だにつかない世界の事で、服飾デザインとは比べるべくもありませんが、、

自分自身、デザインという同様の人気商売の世界に足を突っ込んでいる以上、自身のブランディング、世界観としてのオンリーワンを目指す上で、Ikumiさんという一人のクリエーターに刺激を受け、また新たなモチベーションを頂きました

タトゥいれたい~♭ タトゥ入れたい~ ♭(by KOHH)

が耳の奥で鳴り響いた一夜でした・・

興味ある人は、是非遊びに行ってみて下さい

以下、個展情報

個展開催期間
9/23(土) ー 10/20(金) 12:00〜20:00デウス エクス マキナ原宿店
東京都渋谷区神宮前3-29-5 B1F アートギャラリースペース国内外の様々なアーティストの作品を紹介しているデウス原宿店地下ギャラリースペースで、9/23(土)よりアンダーグランドな世界に彫師として生きる dempatoo Ikumiの個展 Bed of roses開催致します。港町 横浜中華街にたたずむ刺青屋 、dempatoo tattoostudioの家主、豊梵天(ゆたかぼんてん)。 独特なカルチャーの中で、伝統芸術とも言える刺青の世界に、若くから飛び込んだ彼女のもつ世界観にクローズアップ。

 

https://www.facebook.com/events/362216490875535/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2222%22%2C%22feed_story_type%22%3A%2222%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*