IFF Magic japan 展示会

scylt/ 9月 30, 2018/ ブランド活動の徒然/ 0 comments

9月26日~28日 3日間

東京ビッグサイトにて、IFF/MAGIC展示会に出展してきました

今回は今まで使っていたクリエイターゾーンから、会場メインのEditゾーンでの出展。

主催者側からの推薦枠ということで、少しだけステップアップ。

とは言え逆に、メインゾーンで出るからには、どうやって見せるか?プレッシャーもかかります

scyltはカジュアルではなく、モード、ラグジュアリーを目指しているブランドなので、見せ方も安っぽいのだけは避けたい、と。

いつもかなり頭を抱える訳ですが・・

今回は、3m四方のスペースに、ボディ×8体(とラックは補完)を壁に沿って並べ、中央にディスプレーという超シンプルな構成。

他ブースでは、色んな什器を使ったり、それぞれ工夫を凝らしてますが・・

サンプル数が少ないという所を逆手に、スペースを広く使い、ミニマルなラグジュアリー感の追求です

ショップでもそうですが、服が所狭しとかかっているところより、商品が少ない方がラグジュアリーに見えるものです。売り手の余裕という所でしょうか。

展示会ブース

写真は準備日のもの、荷物が少し残ってる。。。

今回のnew collection は、インスタやFBでちらほら出していますが、

今までとかなり、タイプが違っています

それぞれのデザイン、というよりも、大枠においてハンドルを切ったイメージです

最も意識した点は

120/2 poplin のみのシャツデザイン → 別素材の使用によるコレクション全体の表情感の加味 です

その為、今回は 8号帆布(キャンバス)、ファンシーツィード(前回はパンツのみに使用)、リネンツィード、そしてレザーを使用しています

こうやって並べるとシャツを作るブランドとしては、ありえないような素材を並んでいますね・・

が、そういう意味では、そのギャップを狙う意図があり、一度トライしてみたかった素材使いという感じでした

メインは、キャンバスシリーズ

IMG_1443

8号帆布シリーズ

8号帆布=キャンバスシリーズは、先回のコレクションの「白×黒」を広げようとアイデアを探していた時に、「バレンシアガ」「セリーヌ」のキャンバスバッグからインスパイヤ―されてます。

中央のドルマンシャツの肩のラインも、実は、トートバッグなどに使う持ち手の極厚テープを使用。存在感が半端ないです

IMG_1442

キャンバスシリーズ:ドルマンとサファリ

IMG_1441

キャンバスシリーズ:pullover サファリ とリネンツィード×レザー

背中の襟ぐりに、今回お気に入り、ビッグタブが挟み込まれてます

傘もかけられる大きさ。「無駄」なサイズ感が良いでしょ?俺だけ?

3h

ビッグタブデザイン

ここからは、ツィードシリーズです

リネンツィード表裏

リネンツィード:リバーシブル仕立て

ツィードは、リバーシブル仕立てにしてます。

表側(一応)は、向かって右のオール白ですね、ツィードのみが見える形で、まとめてますが、実は縫い代始末が「きりっぱ仕立て」でラフなツラ構えになっています

ボタンは白蝶貝で、モノトーンで大人っぽく。

逆に裏側は、ウォッシュドレザー:BKを 衿と肩ヨークに使用。縫い代始末は、きりっぱではなく綺麗に収まっているタイプ

もう一つのツィードは、

綿・レーヨン・ナイロンなどの多種の糸で織り込まれたファンシーツィード

ツィード表裏

ファンシーツィード:リバーシブル仕立て

こちらは、向かって左が表側になってますね・・ ウオッシュドレザーをバンド衿とポケットに使用したタイプで、縫い代始末がキリッパ仕立てになってます

向かって右は、その裏側、ツィードのみで出来た綺麗なツラ構えで、ボタンも白蝶貝ですね

シルエットは少しオーバーサイズに作り、「羽織り」として、シャツジャケットのイメージ。

実際、ツィードはその特性上、春夏においては、通気性と保温性の両方を持った、優秀な機能商材とも言えます

僕自身も、この1stsampleを、クーラーで冷え冷えする室内で、シャツの上から羽織って作業してました

そして、前作の仲間も一人追加。BKメッシュ× ブロードst

IMG_1444

BKメッシュ× WH ブロード

奥の方が、今回作ったサンプルです、肩から腕にかけて、ラインの切り替えを入れてます

6f

最後は、パンツ。

パンツは潔く?ショートパンツのみ。他がやってないアイテムをscyltは作ると。

9

 

こちらはキャンバスシリーズのショーツ。

見返しに配色黒を使っているので、白黒がデザインポイントですね。そしてビッグタブ!

こちらは、ツィードの ロングショーツ。ウェストにタックが入り、シルエットも少しゆとりがあります。ダブルの裾始末、サイドアジャスターなど、ディテールデザインも

7

7b1

という事で、これが今回のフルコレクションです

モードに寄せたコレクション、バルエーションがふえたのは間違いないわけですが

コレクションとしては いかがでしょうか?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*