米国セレブリティへの貸し出し

scylt/ 4月 30, 2019/ ブランド活動の徒然/ 0 comments

今回は、最近FBやインスタにあげている

米国セレブリティへのシャツの貸し出しに関して、徒然。

今回、貸し出されたシャツは3点

ラッパーのBig sean

bigsean1 俳優の Avan Jogias-Screen Shot 2019-03-19 at 1.43.07 PM (1)

俳優の Brandon P Bell

Brandon P. Bell 1

詳しくは、FBにて → https://www.facebook.com/scylt/

これらは、

今年の1月、New Yorkにて「Liberty Fairs」アパレル総合展示会に出展した際に、ブースにて声を掛けてくれた

PR会社:No Such Agency  https://www.nsa-international.com/ を通して

現地(LA)のスタイリストへの貸し出しから、生まれた形になります。

このNo Such Agency  は、いわゆるアタッシュドプレス(契約した複数のブランドの商品サンプルを、自前のショールームに預かり、業界関係者:セレブリティ、インフルエンサー、エディターなどに対して、プロモーション活動、またはセールス活動を行う会社)

で、今回、小生と試験的な契約を結び、セレブリティ、インフルエンサー、エディターなどへ、貸出し=PR業務を行ってもらっている最中です

プレス事務所は、こんな感じ

s-IMG_3125

s-IMG_3126

LAにあるショールームということで、やはりハリウッド系、セレモニーへの貸し出しが多いのか、隣のラックもパーティドレスな感じです

そもそも

今回の契約が実現したのは No Such Agency の社長のDanielがscyltを気に入ってくれ帰国後にメールをくれた所から始まりましたが、おそらく「ドレスシャツ」というscyltの特徴を見て、自分たちの顧客に対してニーズが少なからずありそうだと、感じてくれたのかと思います。

とは言え、こういう事も、3点とは言え成果を出してくれていたので言える事で、正直、契約するまで、かなり先方を怪しみ、警戒していたことも事実です。

というのも、 やはり、海外での初めてのビジネスワークで、日本にいてコントロールも出来ず、相手の事も全く知らないと。

この業界にいて、よく聞く話として

日本のブランドが海外のPRと契約(クライアントとして)したものの、全く仕事をしない、とか。そもそもそんな誘いや名刺が嘘っぱちで、PR会社自体存在していなかった、とか。

展示会ブースで甘い言葉でおだてられて、金だけ取られる パターンは ままあります。

そんな中、

メールにて、scyltブランドの可能性を認めてくれるような発言があればあるほど、

信じたい=賭けてみたい気持ち と 騙されたくない気持ちと 両者の葛藤の中で、判断がつかなくなるわけです

そこで、現地のアパレル業界を知っている人々に

特に、Liberty の展示会出展支援を行ってくれていた JETRO(海外貿易支援機構) の現地スタッフの方に

まずは、会社自体が存在するかと。 社長のDanielは、プレス業務を本当に行っている人なのかと。

最低限、かつ、もっとも重要な情報を聞いたりと。

同時にアドバイスとしては、

「もっと慎重に判断しましょう」とか、「もっとコミュニケーションをとってから」とか、当然っちゃ当然、「遠まわしに、反対」されるので、「そりゃそうだ」と。

自分でもアドバイスする側なら、そう言うなと。

一方で、

自分にしかわからない、手応えや感触と言うのを、今までの展示会出展の中で得てきているので、そこは自分を信じて上げたいなと。

 

そもそも日本であったとしても、PR会社の成果、ないしは費用対効果の判断や評価というのは難しい所で、

「投資」以上の何者でもないと、小生は思っています。

ならば、折角ニューヨークまで行って展示会に出展し、少なからず投資をした訳だから、そこに更なる投資をつぎ込むイメージで、PRもお願いすると。

日本でPRお願いするよりも、「面白い」だろうと、「資本の投下集中」と

最終的な判断は、そういう「やってみたい=思い切り=賭け」に頼ったわけです。

結果、何とか上記の3点の貸し出しに結び付いた訳ですが・・・

これが多いのか少ないのか、費用対効果の判断も難しいし

実際の所は

この「貸し出し」が、「セールス」に結びついていかなければ、本来の目的を達成する訳ではないので、

今後の動きに、自分自身に期待を掛けて、さらに信じて進みたいと思います

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*